琴の海、真珠の海の物語 — 大村湾 東と西を繋ぎ海に眠る記憶を呼び戻す

イベント終了

日本のあこや真珠は長崎から!?

そう教えてくださったのは、今回のプロジェクトディレクターである大地千登勢さん(ChiChi Chitose Ohchi )です。

東彼杵にその昔、天女の逸話がありまして。実は長崎そして、東彼杵には、真珠の歴史や文化が眠っていると。

2枚目写真の向かって左側は千綿の里郷にある串島の鼻という半島にて真珠養殖を生業とする松田さん。今もなお、この千綿で真珠の養殖を生業とし紡いでくださっていらっしゃいます。

Sorrisorisoがはじまって1年目の2016年の頃からの写真も含んでおりまして、見返していくと約3年前から東彼杵へ通い続けてくださっておりもう3年も経つのかと見返しておりましたが、この期間をご一緒させていただきあちらこちらと巡らせていただき、長崎の文化や歴史を辿り、私たちが知るすべもなかった長崎街道やオランダとの繋がりや物語や記憶を紡ぎ、ここ大村湾、琴の海からやっと今秋、長崎から伝わる日本のあこや真珠のことをお伝えいただける運びとなりました。

知られざる日本古事記にも記載されていた景行天皇が名付けた彼杵郡の由来である「具足玉国(そないだまのくに)」とは。 ChiChi Chitose Ohchi のオープニングレクチャーにて解き明かしてくださいます。今回は、九工大の尾池 哲郎工学博士の環境と美をテーマにしたトークも開催されます。また音琴の事代主神社前にて、音琴の浦地区にもある弁財天さんが手に持つ琵琶楽器に似たリュートを井上 周子さんが演奏され東彼杵の夕日とChiChi Chitose Ohchiさんの朗読とともにお伝えいたします。

先日は、ミドリブ( MB ) 、ぐるり設計室さんと共に、会場の展示準備の打ち合わせも行い、大地さん自ら梯子に登る勇ましいお姿も。

これは是非、感じていただきたいです。

琴の海、真珠の海の物語

東側、東彼杵では、 琴の海と呼ばれた大村湾の海の文化や生域のことや具足王国(そないだまのくに)と呼ばれていた’そのぎ’の由来を、Sorrisorisoにて3日間での展示や11/2にはこのプロジェクトの、キュレーター大地千登勢さんのトークイベントや音琴、事代主神社前での井上周子さんのリュート演奏、そして、3日の工学博士の尾池博士に大村湾の生物の状況を伝えていただくトークイベントを行います。

琴の海―真珠の物語―

琴の海と呼ばれる大村湾は長崎県の中央に位置し、山も 森も近く、世界的にも珍しい閉じられた海域である。まるで 大きな湖のような穏やかな海でありこの美しさを連想させ る天女の神話が今に残る。

ここ琴の海一円は太古の昔、具足王国(そないだまのく に)と呼ばれていた。これは『美しい珠の揃った国』の意で あり彼杵と呼ぶようになった所以である。1300年以上前から豊かな真珠の海であった。スナメリと呼ばれる愛らし いクジラの一種が10万年前から生息しており、綺麗な海 の環境でもあった。しかし、急速な近代化にともない、自然への配慮が欠落し環境が悪化。人々は大村湾の美しさを忘れ、同時に琴の海—真珠の物語—はいつしか忘れ去られ、大人も子供も海から遠のいた。

海は生命を育む不思議に溢れ、真珠はまさにその豊かな 海を物語るものである。この真珠の物語を復活させ太古の記憶を辿ることは、海の美しさや大切さを考え、そこに 生きている生き物と人々を繋ぎ、森や自然環境を守ることである。

この取り組みは、歴史的にも繋がりが深く、琴の海に様々 な記憶を残すオランダと取り組む。海への取り組みや新しい価値を生み出すことにも長けているオランダ。失われた 記憶を文化・芸術にて甦らせ、100年後の琴の海—真珠 の物語—を生み出す。

東と西を繋ぎ、海や自然環境を守る。世界に誇ることので きる琴の海—真珠の物語—を世界に伝え、大村湾から未来を考えるプロジェクトである。


イベントページ


◼️琴の海、真珠の海の物語 — 大村湾、東と西を繋ぎ海に眠る記憶を呼び戻す
11/1(金)-11/3(日
場所: Sorriso riso 千綿第三瀬戸米倉庫

◼️オープニングレクチャー 琴の海、真珠の海の物語 acoyaディレクター ChiChi
11/2(土) 16:00-17:00
場所:Sorriso riso 千綿第三瀬戸米倉庫

◼️リュート演奏会~天女の琴の音と真珠の海~
11/2(土)17:30-18:30
場所 : 事代主神社前
音琴 Negoto 長崎県東彼杵郡東彼杵町大音琴郷74番地

◼️海と真珠、環境と美 by 工学博士 尾池哲郎
11/3(日)16:30-17:30
場所:Sorriso riso 千綿第三瀬戸米倉庫

◼️Baroque 〜美しく、いびつで、空しい〜
11/3(日)19:00-21:00
場所:Sorriso riso 千綿第三瀬戸米倉庫 内 Tsubame coffee

◼️青と真珠の万華鏡 グラスブロワー 瑠璃庵・竹田礼人
11/04 (月) 110:00–12:00 214:00–16:00
松原宿 Matsubarashuku 長崎県大村市松原本町77-1
ワークショップ

◼️11/08 (金)–10 (日) 10:00–19:00
長崎オランダ村 Holland Village 長崎県西海市西彼町喰場郷1683-4


と き
開場 開演
ところ
Sorrisoriso千綿第三瀬戸米倉庫
料 金

無料

主催:一般社団法人アートカルチャーマトリックス
協賛:オランダ王国大使館、長崎自動車公益財団、長崎オランダ村
運営協力:一般社団法人東彼杵ひとこともの公社
後援:松原宿活性化協議会、東彼杵町、音琴活性化協議会、大村パールハイム、長崎ケーブルテレビ、SALIOT、ぐるり 設計室 、ミドリブ
クリエイティブ・ディレクション:ChiChi (オオチチトセ)
アートディレクション&グラフィックデザイン:ヒロイクミ

このイベントは終了しました

出 演

  • 大地 千登勢 ChiChi Chitose Ohchi
    大地 千登勢 ChiChi Chitose Ohchi

    大地千登勢氏(写真右) 大学生時代よりHP FRANCE にてフランソワーズ・セーグル・キャロル氏に師事し、バイヤーとして活動。2003年~2007年夏まで、hpgrp GALLERY TOKYO(銀座)の立ち上げから、プロデューサー兼バイヤーとして携わる。2004年、アート・ジュエリーを扱う「O-Jewel」というブランドを立ち上げ、2007年より、建築家の黒川雅之氏が主宰するK&Kにて同ブランドの活動を始める。Barocco 2009, NISHIJIN 2010などの世界のアーティストに参加してもらうコンセプト型アート・ジュエリーの展覧会やプロデュースを手がける。 アートやアートジュエリー、デザインの分野を横断し新しい側面を開拓するため、東洋、西洋の文化を融合し、ユニークな美意識を通して次なる世界を作り出している。2015年より「九州・平戸のお菓子と文化を世界に」というテーマで平戸の老舗の和菓子屋とオランダのクリエーターとプロジェクト「Sweet Hirado」をスタートさせ、オランダでの企画展(2015)や平戸での「東西百菓之図」発表会(2016)を開催。2018年2月のオランダでの企画展を最後にプロジェクトは幕を閉じた。現在は、与那国の海にまつわるプロジェクト「Midiru Midiru ミディルーミディル」、長崎の1300年の歴史のある真珠・あこや真珠のプロジェクトを準備中。 2015年より、C&(チーアンド)を主宰。「美を通じて心が動く瞬間を生み出し、様々な人々に伝えたい。」

イベント
一覧