帆屋 シュトーレンづくりワークショップ

イベント終了

時間をかけて、生まれ育った町、東彼杵町に何か関わりを持ちたい

そうおっしゃってくださって、関わってくださってSorrisorisoでもワークショップもはじめてくださった東彼杵町出身の前田帆奈己 さん。

今年の8月12日に開催されたフルーツ漬けのワークショップからいよいよ、その漬けたフルーツを持ち寄ってのドイツの伝統発酵菓子、シュトーレンづくりワークショップが11月30日(土)12月1日(日)に開催されます。またもや告知する前から、すでに開催2日の8名のご予約の申し込みをいただいておりまして、残席も僅かとなって来ております。詳しくは下記詳細をご確認ください。

昨年、千綿米倉庫でシュトレンづくりのワークショップを開催した時の様子

とにかく、前田帆奈己 さんの人柄といい、東彼杵への想いといい、心打たれてばかりのわたくしです。

昨年、前田帆奈己 さんがおっしゃっていた

「来年はドライフルーツの漬け込みからみなさんとできたらより特別なシュトーレンになるんじゃないかなと思います。漬けたフルーツを数ヶ月後に各々持ち寄って、再会しシュトーレンを焼く。素敵じゃないですか?」

夏にドライフルーツを漬け込んだ際の様子

本当に実現されていらっしゃいます。

今回は、焼き上がるまでに大山製茶園によるそのぎ茶の淹れ方ワークショップも予定されております。

どうぞ、ご予約も埋まって来ておりますのでお早めにご予約どうぞ〜です。

photo : 川崎順平 / 森 一峻
support : 一般社団法人 東彼杵ひとこともの公社 くじらの髭

と き
ところ
Sorrirsoriso千綿第三瀬戸米倉庫
料 金
夏のドライフルーツ漬け込みに参加くださった方
2000円(税込)
昨年のシュトレンづくりに参加くださった方
3000円(税込)
新規参加
4000円(税込)

事前お振込とさせていただきます。お振込を持って受付完了とさせていただきます。お振込金額、お振込先はお申込み後にメールにてお知らせいたします。また恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。

*レシピ ・ シュトレン 1 本持ち帰り
*シュトレン持ち帰り袋・エプロン・手拭き用のタオルは持参ください。

このイベントは終了しました

講師

  • 前田帆奈己(白神こだま酵母パン教室 「帆屋(ぱんや)」
    前田帆奈己

    白神こだま酵母パン教室 「帆屋(ぱんや)」主宰 1977年 生まれ 東彼杵町出身 2男1女の母。結婚を機にパン作りを始める。パンを作る楽しさ、食べてもらえる喜び、奥深さに魅かれ、パンを焼くことが私らしく生きるための大切なもだということに気づきました。 第3子の食物アレルギーがきっかけとなり、家族全員が同じものをたべられるパンを焼きたくて 辿り着いたのが白神こだま酵母で作る「引き算のパン」東京サラパン教室(現.(株)サラ秋田白神)にて、酵母の製パン技術を学ぶ。資格取得後、自宅パン教室を開き 酵母のパン作りを伝えています。

イベント
一覧