抗菌作用や抗ウイルス作用が豊富な「エピガロカテキン」とは?

東彼杵町のそのぎ茶を飲んで心も体も元気に

くじらの髭では、そのぎ茶のセレクトも行ってます。農家のみなさんのお茶はシングルオリジンで単一品種、単一農家で、茶師である茶商さんのお茶は合組といって、いわばコーヒーで言うブレンドなのですが、それぞれのこだわりの合組と品種の選定されたそのぎ茶を順次お茶屋さん一軒ずつお話ししていきながら仕入れを行ってます。そのぎの人はみなお茶を飲んでいるので元気なわけです。

鑑定技術を競う全国茶生産青年茶審査競技会で日本一になった東彼杵町の生産農家の大場 譜五 (おおば しんご) が書いているように、カフェインが気になる方は水出しか、くじらの髭のほうじ茶を是非! Tsubame coffee のくじらのなみだのそのぎ茶シリーズもおススメです!

photo 川崎順平

以下、 大場 譜五 (おおば しんご) の投稿より

【新型コロナ対策に緑茶を飲もう】

連日コロナのニュースが取り上げられておりますが
まさかここまで事が大きくなるとは思ってなかったっす‼️

今回の件でまず
僕が最初に思ったのは、

緑茶の【カテキン】で予防できるんじゃない?

でした



皆さんご存知の方もいると思いますが
緑茶は昔,中国からは【薬】として
日本に伝来されており
当然,その時代には最先端医療や薬はなく
緑茶を薬として飲んでいました。

お茶を煎じて飲む。

これがいわゆる

【煎茶】の語源ってやつですね。

※ 煎じるとは薬草や茶などを煮て
 その成分を滲み出させる事

とGoogle先生には書いてあります。

そして緑茶にはカテキン類が
豊富に含まれているので,
もともと抗菌作用や抗ウイルス作用が
あると言われています。

なので,得体の知れない新型コロナには
緑茶のカテキンで少しでも
防御ができるのでは?
と思ったのがキッカケでした。

新型コロナウイルス自体はなかなか弱いらしいから尚更。

僕は毎日,家では急須のお茶。仕事中はティーパックの水出しを持ち歩いております。実はカテキンはお湯でしか成分が出ないというイメージがありますが、確か【エピガロカテキン】というやつは水でも抽出される優れカテキンだったような気がするので水出し緑茶でもカテキンパワーを得られます。水出しだとカフェイン抽出も抑えられるのでカフェイン気にしてる人は水出しがイイかもね。

それと番茶などがカテキンが豊富と言われてますが

僕の勝手な偏見なのですが、カテキンにも【質】があると思っていて、やはり新茶(1番茶)の方が前の年の夏,秋,冬,そして春の栄養分をたくさん含んで採れるお茶なので同じカテキンでもパワーの度合いが違うと思います。

僕たち茶農家が作るお茶って色んな可能性秘めている。

まだまだ日本茶の奥は深くて未知の世界。

そうだ。

緑茶を飲もう。

こと
一覧