山桜の茶畑を持つ、中里茶農園

東彼杵町の農道のポルシェ、スバルサンバートラック

そのぎ弁の孝幸さんとセンスのいい真貴子さんの素敵な組み合わせ。結婚28年目でうれしい初孫ができた。自称「農道のポルシェ」で仲良く茶畑へと向かう。 2人はくじらの髭にも、普段からあきしげくお茶をしにやってきたり、お茶の納品しにきたりと普段から通ってくれる。そんなお二人がはそれぞれ一台ずつのスバルサンバートラックで茶畑を乗り回す。

おふたりのことは下記ページへ
そのぎ茶タイムを、もっとカジュアルに!中里茶農園、中里孝幸さんとセンスのいい真貴子さん

写真家が気づかせてくれた東彼杵町の価値

桜と茶畑。お茶の町と言えどもこの素敵な組み合わせはそうそうない。赤木集団茶園では下の写真のような海景色をあちらこちらで望めるが、少し入り込むと立派な山桜も咲いている。「おいどんたちにはただの仕事場やけん。前は何とも思わんかった」と中里茶農園の中里孝幸さん。その価値に気付かされたのは2015年、町のまちづくりプロジェクトで、写真家テラウチマサト氏らと交流してから。観光マップにも掲載され、撮影に来るカメラマンが増えたと孝幸さんはうれしそうに話す。 

西九州一の面積を誇る赤木集団茶園。運よく中里さんの茶畑には山桜が自生していた。

2人のつくりだす、そのぎ茶はふるさと納税サイトでも、購入できます。
【摘み立てをお届け】そのぎ茶贅沢飲み比べセット【中里茶農園】

写真:小玉大介
記事:飯塚将次
編集:森 一峻

店 名
中里茶農園
お問合せ
PHONE
090-8419-2878

みせ
一覧